青春21文字のメッセージ

21文字のメッセージ結果発表

(1)優秀賞5点と俵万智さんの審査評

《滋賀県知事賞》

同じ改札制服の時は川上る鮭 私服の時は熱帯魚

清水 真志歩(13歳 滋賀県)

通学の時は、みんなと同じ制服を着て時間ギリギリいっせいに同じ方向に向かう。そんな自分は、まるで産卵に戻る鮭。友だちやボーイフレンドと待ち合わせる私服の時は、色鮮やかな熱帯魚。 同じ改札なのに、シチュエーションによって、自分がまったく別に思えるという感覚が、みごとな比喩で表現されています。

《大津市長賞》

なじみのあるこの駅に、来年制服で行くからね

大熊 ことね(12歳 埼玉県)

年々の成長を、同じ場所で見守ってくれているのが駅です。擬人化がうまく効いていて、話しかけることで、駅への親しみが伝わってきました。

《青春賞》

僕の手が吊り革ならば、君と手をつなげるのに。

岡本 紗穂(15歳 滋賀県)

君がギュッと握っている吊り革。それさえうらやましく感じられてしまうところに、みずみずしくも切ない青春を感じました。

《さわやか賞》

約束の二時間前の改札に君も来ていた初デート

中川 潔(55歳 福井県)

二時間とは驚きました。そこまで早く、しかも二人ともが来てしまったというところ、初デートならではの初々しさですね。

《ユーモア賞》

170円で買った、20分限定の帰路デート。

宇都 翔太(16歳 滋賀県

本当は電車に乗らなくてもいいのに、その人と一緒にいたいがために、切符を買ったのでしょう。複雑な状況が、数字を用いて簡潔に表現されています。
(2)特別賞と俵さんの総評

特別賞4作品と学校賞、俵さんの総評は次の通り。前回創設した団体賞では、県外から第一学院高校 中目黒キャンパス(東京都)が選ばれました。

 

 

《近江勧学館賞》

いつも待たされた僕の影まるで日時計のよう

九十九仁(54歳 滋賀県)

《京阪電鉄賞》

門限の電車に急ぐ二人乗り 背中で見えた大花火

アキ(51歳 滋賀県)

《近江鉄道賞》

路線図と睨めっこ 次の次の次の次で君に会える

成江 明(27歳 茨城県)

《信楽高原鐡道賞》

皆がスマホを触る中、本に夢中な君に恋をしていた

松島 直樹(17歳 兵庫県)

《団体賞》

大津市立日吉中学校 (滋賀県)

第一学院高等学校 中目黒キャンパス(東京都)

電車と青春21文字のメッセージとは?

年々、若い人の活躍が目立ってきましたが、今年はついに知事賞と市長賞が十代のお二人となりました。頼もしいことです。もちろん、中高年の甘酸っぱさも健在。作品を読んでいると、まさに今も、多くのドラマが電車や駅で生まれているのだろうなあと実感されます。

電車と青春21文字のメッセージとは?

滋賀県(滋賀県知事賞)、大津市(大津市長賞) 滋賀トヨペット株式会社(ユーモア賞)、株式会社叶 匠壽庵(青春賞)、大津商工会議所女性会(さわやか賞)、京阪電気鉄道株式会社(鉄道賞)、近江鉄道株式会社(鉄道賞)、信楽高原鐵道株式会社(鉄道賞)、一般財団法人天智聖徳文教財団(近江勧学館賞)、西武大津店(団体賞)大津商工会議所、唐橋焼窯元、まちづくり大津 他

(3)作品発表と表彰
  • 表彰式
    1. ▽日程=2月16日(日)午前11時
    2. ▽場所=西武大津店(大津市におの浜2)1階特設会場
    3. ▽出席者=入賞、特別賞受賞者、団体賞受賞校の代表
  • 作品発表・展示
    1. ▽プロジェクトのHP(https://densyatoseisyun21.com/
    2. ▽西武大津店1階特設会場:2月7日(金)~2月29日(土)

      ▽近江勧学館:2月17日(月)~3月31日(火)

      ▽京阪電車石山坂本線の車両:2月17日(月)~3月31日(火)

      ▽ 車両ドア横広告スペース(全車両)、中吊り広告スペース(1編成)

      ▽京阪石山坂本線の各駅(21駅の顔づくりグループ掲示板):2月下旬~(予定)

      ▽近江鉄道:2月17日(月)~3月31日(火)

      ▽JR(大津駅、膳所駅、石山駅、瀬田駅)2月9日~17日(予定)

      ▽JR大津駅観光案内所:2月上旬~

      ▽ナカマチ商店街: 3月(予定) ※100店舗店頭

  • 作品集の出版
    1. 作品集の発行:2月末。
(4)びわ湖ホールとコラボ
  • 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールのメインロビーで、青春21文字メッセージとコラボしたコンサートを今年も開催。
    1. ▽名称:青春ロビーコンサート
    2. ▽日程:2月16日(日) 11時~11時30分  ②13時~13時30分(2回開催)
    3. ▽出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル(二塚 直紀、古屋 彰久)小林 千夏(ピアノ)
    4. ▽曲名:スタンド・バイ・ミー、オペレッタ『ミカド』より“我こそ気ままなシンガーソングライター”ほか
    5. ▽入場料:無料(事前申し込み不要)
    6. 問い合わせはびわ湖ホール事業部(077-523-7150)